2004.03.26

嗚呼!「ちゃぶ台」…(汗)

最近、(身の程知らずにも!)ココログのアクセス解析なるものを試しているのですが、2日ほど前のこと、急にリンク元に

http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%a4%c1%a4%e3%a4%d6%c2%e6&hc=0&hs=2&&b=11&h=dp

というURLが出現し「一体どんなKWでヒットしてんの?」と行ってみたところ、なんとそこは「Yahoo!検索—ちゃぶ台」の、かなり上位ページでした…。
でもって、今日「ニュースステーション」を観ていたら、「絶滅危惧商品」コーナーのテーマが「ちゃぶ台」ではないですか…。
OA後、もしや今日もと思いアクセス解析してみたら、やっぱり上のURLからいらしてる方が!!(大汗汗)

とりあえず、「ニュースステーション」がきっかけの方も含め、「ちゃぶ台」に何かしらのご用があった全国の皆様には、このように脈絡のないblogがお邪魔をしてしまったこと、大変恐縮でございます(激汗)。
それでも、脈絡ないなと思いつつもこのblogを覗いてくださったこと、感謝しておりますm(_ _)m。

もともと「ちゃぶ台内職」というタイトルは、家で個人独立の仕事をしている兼業主婦、美麗に言えば「SOHO」などとハッタリかましてもOKなところ、内実は茶の間のちゃぶ台 —いや本当は、脚の長い所謂「ソファ用こたつ」(我が家的略称「ソファごた」)なんですが— にPCを乗っけて、隣で食後の牛になっている連れ合いを見下ろしながら、原稿書いたりDTPやったりしてる現状を、率直に告白したつもりだったのです。

うちの実家には、番組の主人公だった丸ちゃぶ台はさすがにありませんでしたが、もっとチープな60×40くらいの合板の折り畳み座卓がありました。子どもの時はそれを一人で使って、暑い日は窓際に持って行って、絵を描いたり粘土細工したりするのが楽しかったですねぇ。

自分のプロフィールページに書いてることにもつながりますけど、我が家のインテリアセンスも激ショボではありますが、それでも、結婚前に使っていた家具…カラーボックスや押入棚、シェルフなどを、できるだけ捨てずにやりくりしていることだけは、ちょっと自己満足で誇りにしてます。
家中の家具を総とっかえしてまで、モデルハウスのようなインテリアを作るなんて勿体無いことはしたくないし、だからといって中途半端にこじゃれた家具を買い足して、かえって見た目ごちゃごちゃするのも嫌だし。
食器だってそう、私としては、素敵なカトラリーセットを買いそろえることよりも、デパートの景品やパン屋の懸賞で貰った不揃いな小皿だって食べ物はちゃんと載るんだから、まずは「あるもの」を大事に使っていくぞ、という気持ちを持ち続けつつ生活していきたいなどと思う、この頃です。

アクセス解析ネタでオチをつけようと思っていたのに、結局また語りはいってしまった…。おそまつ。
これじゃ全然締まらないので、番組にでてきた「昭和のくらし博物館」のURLをご紹介して、この文をおさめたいと思います、はい(汗)。
http://www.digitalium.co.jp/showa/

| | Comments (0) | TrackBack (0)