« 『アイデア』No.306:原研哉のデザイン | Main | CS『プロ野球ニュース』今週の佐々木信也:8月第3週 »

2004.08.20

体操個人総合、韓国銀銅おめでとう!ところが...

昨日、韓国の男子体操チームの記事で、個人戦ではがんばれ〜と書いたのだが、やってくれました!
キム・デウン選手銀メダル、ヤン・テヨン選手銅メダル!おめでとう!
#富田・米田両選手も惜しかった...、残念ながら、ちとミスが多かったね。

うちでは、サッカーの対ガーナ戦をとりあえず(...)最後まで観た後、何気なくフジにチャンネル変えたら、体操個人総合やってる!しかも、最終競技に入ってるじゃん!
というわけで、昨日の余韻が冷めてない二人はいきなりハイ状態(汗)。

韓国選手二人が、最終競技の鉄棒を終わった時点で1位と2位、さあ最後はアメリカのハム、ところがハムの演技で、まさかの大逆転....。
2選手もこちらも、もう大ショックですわ。
解説の佐藤さん(団体の号泣でキャラ立ち度急上昇な中西さんは何処へ?)も、9.8以上の演技ではない、と言っていたのに...。

早速6時のKBSニュースで確認したところ、どうも韓国では、昨日の団体総合から既に、韓国選手への採点が辛い、という疑惑が、グルグル渦巻いているらしい。
おいらの韓国びいきを引き算しても、たしかに結構大きなミスには甘く、そのために、比較的安定した演技をしている韓国選手には辛い、という印象を持たれても、おかしくないと思える。
(もしそれが事実ならば、結果的にながら、やはりアメリカとルーマニアが、その恩恵を受けたってことか...)

しかし、佐藤さんは「体操の採点は、対象になる選手の、過去の競技大会の実績が印象として残りやすいので、予め印象のある選手は有利」というような主旨のことを言っておられた。
多分、大技の出来る人は大技を評価され、姿勢がきれいな人はやっぱり姿勢の評価が高い、というようなことが、ないとは言えないのだろう。
そうなると、決勝に残った他国よりも、国際大会での実績が浅い韓国は、やはり不利だったのだろうか。

そこでおいらも、昨日朝の再放送を録画して、最初から内容を確認してみた(わしって粘着質か!?いや、探求心旺盛と言っていただきたい^^;;)。
ダイジェストだったから、何とも言い難かったが、う〜ん、微妙...............。

二人はかなり悔しそうで、「自分のミスで、韓国個人総合で初の金を逃してしまい残念だ」と言っていたが、それでも、「惜しいけど、期待以上の結果だったのでよかった」と話していたこと、昨日はおいらが文句を付けたマスコミ、というかニュースのアナウンサーも「惜しかったが、それでも当初の目標からすれば、期待を大きく上回る成果」と評してくれ、ちょっと救われた気分になった。
先の「実績が印象になる」話からいえば、逆に、これを契機にして、「韓国体操の演技はいい」という印象をさらに広めるべく、大いに精進して欲しいと思う。

#なお、今朝のニュースによれば、韓国体操は、種目別ではメダルを取ったことがあるとのこと、昨日の書き方が言葉足らずなので、付け加えておきます。

ちなみに、韓国代表は、お得意なアーチェリーの女子が、見事に1、2、フィニッシュで、その話題でもう大盛り上がり状態。
射撃でも銀メダルが2つ、柔道でも銀メダルが出ているし、このあともまだまだ期待できそうだわっ。

でも、実は韓国では、四国に被害を出した台風がもろに直撃してしまい、南部地方の人は、真面目にアテネどころではなくなってしまった。
早く台風の被害から復旧して、またオリンピックに夢中になる日々が戻ることをお祈りして、この文を締めておきます。

|

« 『アイデア』No.306:原研哉のデザイン | Main | CS『プロ野球ニュース』今週の佐々木信也:8月第3週 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21882/1226384

Listed below are links to weblogs that reference 体操個人総合、韓国銀銅おめでとう!ところが...:

« 『アイデア』No.306:原研哉のデザイン | Main | CS『プロ野球ニュース』今週の佐々木信也:8月第3週 »