« CS『プロ野球ニュース』今週の佐々木信也:6月第3週 | Main | 「Borderline Cases - 境界線上の女たちへ」展オープニング »

2004.06.23

イラクでの韓国人人質殺害に思うこと

このニュースの日本第1報に触れたのは、昨夜3時前だった。
韓国番組を放送するCS「KNTV」では、夜9時のKBSニュースを、深夜1時半から再放送する。
で、それを観ていた私は「キム・ソンイル氏の生存を確認」という情報を聞き、テロ集団側のいう最終期限がまだ延長されているのだなと、少し安心した。
その放送の跡、「JNNニュースバード」にチャンネルを変えて観ていたら、下の字幕に「キム・ソンイル氏の遺体を確認」という文字が流れた...。
とるものとりあえず、左の通りサイドバーに書き加えたが、コメントは翌朝のKBSニュースを観てからにするのがいいと思い、今録画したそれを観ながら書いている。

このニュースについては、既に多くの方がコメントし、政府の対応について、また追加派兵の是非を論じておられるが、私はまだ、能力的にも感情的にも、そこまで整理が付いていない。
私ができるのは、私の今の感情、韓国の人たちがどう受け止めているかを推し量ってみることくらいだ。

kBSの報道によれば、キム・ソンイル氏は、神学校で宣教師の資格をとり、韓国外語大でアラブ語を専攻、途上国で奉仕活動をしながら布教をするのが夢だったそうだ。
家族や周囲の人のことばにも「自分を犠牲にして困っている人を助ける性格」「純粋で勉強熱心」という人物評がでてくる。
大学院進学の学費を稼ぐために、昨年6月貿易会社のスタッフとしてイラク入り、7月には父親の70歳のお祝いのために帰国する予定だった、とのこと。
#日本では「貿易会社の社員として駐在中」程度にしか報道されていないが、これじゃ全然彼の「心」が見えてこないじゃないか。もちろん、どんなに狡猾な人間であっても、テロの犠牲になることは等しく悲惨なことだが。

韓国のネット上は、このニュースに関する書き込みでいっぱいだ、とニュースでも紹介されている。
政府の責任を問う声、そして、イラクへの怨み、復讐を叫ぶ声...。
キム・ソンイル氏の実家の近くでは、「韓国とイラクは友人」と書かれたボード、イラクの国旗が飾られていたのだが、涙ながらにそれを剥がし、踏みつける人たち。
そして「殺戮の連鎖を止めなければ」とアピールする人たち。
キム・ソンイル氏が生存していた時点では、世論調査で、イラク追加派兵の反対意見は、約70%に上っていた。
しかし、もしかしたらだが、この事態の反動で、派兵賛成派が一気に増加するかもしれない。
イラクを巡る韓国の世論は、ますます混乱していくだろう。
そのことで韓国の人たちが対立し、争いあうのを、また見続けなければならないのだろうか。

朝9時半から、「大統領の談話」が発表された。
廬武鉉大統領が話した時間はほぼ2分。
「故人の冥福を祈る」「テロとは断固として戦う」「派兵はあくまでイラクの復興支援だ」要約すればそれだけだ。
いつからそんな、ブッシュや小泉みたいな賢しい物言いを覚えたんだい、情だけは誰にも負けず厚い人だと思ってたんのに...。
ブッシュもブッシュだよ、「野蛮な犯罪」って、人間を「野蛮」なんて平気で言える、その高飛車さが全ての原因なのにさ。

ここからはかなり内的なことだが、この前、スペインの列車テロの時、また、イタリア人の人質が殺されたとき、私はスペイン、イタリアの人たちが、どのように衝撃を受け、悲しみ、国内がどう混乱したのか、殆ど実感を持つことができなかった。
韓国が私にとって特に親しい国だから、現地のニュースを直に観る環境にあるからこそ、私はここまで動揺している。
一方、今日の日本のテレビに目を転じれば、このニュースも、だれそれの離婚だの、年金でどうのと、そんな話題のなかのひとつに過ぎない。
結局人は、自分が関心のある、思い入れのあるものにしか、反応できない存在なのだろうか。
#あるいは、ものすごくうがった見方だろうが、多国籍軍云々言ってるご時世、イラクでだれか殺されたなんていうニュースで、日本市民の同情を引いてはいけない、という「お約束」になっているのだろうか。

最後に、彼が人質に取られているときから感じていたが、こういう時、自分の「祈りのことば」を持っている人は幸せ(こういう時にあまりいい表現ではないが...)だなと思う。
韓国の「帰国祈願デモ」では、キリスト教や仏教など、宗教を越えて人々が集まり、祈りを捧げていた。
そしてこんな事態になれば、故人の冥福を祈ることばが、祈る本人にとっても、悲しみを消化させてくれる、心の支えになってくれるだろう。
私は一応浄土真宗の寺の家系だが、そこまで自然に、仏教での祈りの言葉は、でてこないから...。

そんなとき思い出されるのは、「うに」さんのくれた「絶望を拒もう」という言葉
http://gozar.cocolog-nifty.com/meongmoengi/2004/05/post_9.html
だ。
私は今、ただ唇を噛みしめて「ぜつぼうをこばもう」とつぶやき続けることしかできない。
だけど、こうすることで、韓国の人たちとともに(いや、「ともに」なんて軽々しく言ってはいけないのだが、それでも)、この理不尽な事態を、じっと堪えていたい。

|

« CS『プロ野球ニュース』今週の佐々木信也:6月第3週 | Main | 「Borderline Cases - 境界線上の女たちへ」展オープニング »

Comments

もんもいさん、トラックバック&ご丁寧なコメントをいただき有り難うございました。
もんもいさんのWeblogは以前から何度も拝見させていただいておりましたが、まさか、トラックバックをいただけるなんてとても感激です。

さて、キム・ソンイル氏の殺害に関して、韓国社会の衝撃はかなりのものみたいですね。
私は、日本人が人質になったときのことと重ね合わせてこの事件を見ていましたが、もし、これが日本だったら、国じゅうの人たちが大きな関心を寄せたのではないかと思います。

ひょっとしたら、かなり過激な発言も出たかも知れません。

でも、たしかにこの事件に関して、日本のマスコミが冷ややかな感じがしますね。

実は私も、仕事の関係で過去に何度かこの国を訪問しているせいもあり、他人事ではすまされない何かを感じています。

Posted by: 松の丞 | 2004.06.23 at 04:46 PM

松の丞さま<<
貴サイトの方でもコメントをいただき、恐縮です。
また、このような脈絡もない(...)blogを読んでいてくださり、本当にありがとうございます。
私はどう考えても過剰反応なんでしょうが、こんな風にこのニュースを捉えている人間もいるのねえ、と思ってもらえればいいなと思って書きました。
9時から今日のKBSニュースを観ます...。
今度は、もっと楽しいことでメッセージ交換できるといいですね。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


キャナサキ(特集.com)さま<<
トラックバックありがとうございます。
#すみません、同じものが2つ来ていたので、ひとつ削除させていただきました。
私が、いわゆる「首切り」にコメントしていないのは、あいにくと私もグロがだめ(汗)だからなんですが、基本的には残虐さの程度の問題はあれ、その手段よりも、命がなくなったという結果の方が、はるかに大きい問題だから、というのもあります。
ご両親にしてみれば、極端な話ですがどんな姿でも、生きて帰ってくれればいい、と思われていたでしょうから...。
いかんです、書いてて泣けそうなので、ニュース観ます。

Posted by: もんもんい | 2004.06.23 at 09:00 PM

もんもんいさんへ

トラバ二重で本当にごめんなさい!(Q_Q)
サーバーの都合で一時的に接続が切れて、
二重トラバになった模様ですm(__)m
本当にご迷惑お掛けして申し訳ないです。
キム・ソンイル氏殺害で本当に緊張しますね。
日本人は今のとろこ殺害はされていますが、
首切りでの殺害は無いので安心です。
今後のイラク情勢が気になりますねw

Posted by: キャナサキ | 2004.06.24 at 06:36 PM

キャサナキさま<<
コメントありがとうございます。
キム・ソンイル氏については、韓国政府?の拉致隠し問題が大事になってきて、その報道を見るたびにますます憤りを覚えます。

うにさま<<
TBありがとうございました。
うにさんの記事には、いつも新たに気づかされることがあり、ご教示をいただいています。

あと、ここ2日くらい、当サイトの検索ワードで「殺害」「首切り」「映像」という言葉が目立つのでひとことだけ。
実際に起こったことを消すことはできないし、その映像を見ること自体が原罪だとは申しません。
ただ、再生ボタンを押す前に、明日帰ってくるソンイルさんのご遺体を、その目で確認しなければならないご家族の気持ちを、一瞬だけでも想起してください。

Posted by: もんもんい | 2004.06.25 at 07:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21882/824362

Listed below are links to weblogs that reference イラクでの韓国人人質殺害に思うこと:

» 韓国キム・ソンイル氏首切り殺害! [特集.com]
次なる首切り惨殺の犠牲者は、韓国人で米軍に物資を納品する会社で務めていた、キム・ソンイル氏(金鮮一)なってしまった。イラクの犯行グループが 送りつけてきた人質を... [Read More]

Tracked on 2004.06.23 at 06:52 PM

» やるせない2つのニュース [松之丞式博客]
イラクでは韓国人が殺害された。とてもやるせないニュースだ。もしこれがあの日本人だった、大騒ぎになっていたことだろう。また一方で、少女が幼い子供を高層住宅から突き... [Read More]

Tracked on 2004.06.23 at 08:43 PM

» 届かなかった手紙 [壊れる前に…]
拘束されたキム・ソニルさんの解放を求めて派兵に反対する韓国の平和団体365組織(韓国軍戦闘部隊のイラク派遣に反対する民衆行動)が出した声明の英文(OhMyNe... [Read More]

Tracked on 2004.06.24 at 10:57 AM

« CS『プロ野球ニュース』今週の佐々木信也:6月第3週 | Main | 「Borderline Cases - 境界線上の女たちへ」展オープニング »